いまがどんな世界でも、そこにかけがえのない美しさを見い出し、心から守りたいと願うひとがいることを、私たちは知っています。その思いや存在は小さくとも強く、少しずつ、周りの人々にも影響を与えます。その愛や信念は、やがて多くの人々にも受け継がれ、世界を変える、大きなうねりとなるのです。

私たち「ひとしずく株式会社」は、“世界を良い方向に変えたい”という想い=「ひとしずく」を持って活動するひとを支援する、日本初のソーシャルグッド専門のPRエージェンシーです。課題先進国といわれる日本で、企業、NPO、生活者など、多様な立場の方々とともに、社会課題の解決に挑みます。


ロゴマーク / 社名に込めた想い

ロゴマーク:
小さなひとしずくが、
やがて大河の一滴になる

白は、一つひとつのしずくが、
これから滴り落ちるところ。
青は、一つひとつのしずくが、
やがて大海原の波となっていくところ。

まだ世の中には見えていない
真っ白なストーリーを
わたしたちがサポートすることで
魅せていきたい。

その一つひとつの物語は、
儚いものかもしれません。
しかし、その一つひとつの物語が
世界を変える“ひとしずく”になる。
私たちはそう信じています。


社名:
「ひとしずく」は
“人”と“ひとつ”を
後方支援します

社会課題に本気で取り組んでいるプロフェッショナルな“人”や“法人”を後方支援します。

社会課題の解決には、「社会課題の概念化」「自身がやる意義(物語)」「推進するリーダーの存在」が不可欠であると考えます。課題は何か、どこにあるのか、どうすれば解決するのか、そのために何をやらなければいけないのか、誰と協力するのか。まずは、ひざを突き合わせて、正直に会話することから始めます。

その後、方針を固め、同じ方向を向いて、共に解決するパートナーとして、“人”に寄り添って、後方支援を行います。

エクアドルの民話に「ハチドリのひとしずく」というものがあります。山火事に一滴ずつ水を運ぶハチドリに対して、森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑いますが、ハチドリはただ答えるのです。「私は、私にできることをしているだけ」と。

この物語は、行動を起こす人の“ひとつ”の思いや行動は、たとえそれがどんなに小さなものでも意義があり、また尊ぶことの大切さを教えてくれています。

私たちは、ソーシャルグッド専門のPRエージェンシーとして、最適な後方支援を丁寧に行っていきたいと思います。


ひとしずくの “ひと”

こくぼ ひろし
ひとしずく株式会社 代表取締役

広告代理店に入社後PR会社に転職し、環境・CSRコミュニケーション専門チーム立ち上げを行う。その後総合映像プロダクション企業のプロモーション制作事業部に入社、広報・PRチームを立ち上げ、ソーシャル関連のベンチャー企業を経て独立。
社会課題を解決するためのPRディレクションを生業とし、社会課題解決に取り組む人をPR領域から後方(広報)支援を行う。NPO/NGOの広報基盤強化のための支援にも取り組んでいる。

「INTERNATIONAL MARKETING EXCELLENCE AWARD 2014」金賞、第12回JPMプランニング・ソリューション・アォード「ベスト・プロモーショナル・プログラム賞」を受賞。

坂本 文武
顧問

暮らしの中の課題解決を本旨とする組織(NPOや社会的責任を果たす企業など)に対する日米における経営コンサルティング、企業の広報コンサルティング業務を経て、一般社団法人 Medical Studio 代表理事。

著書に『NPOの経営』(日本経済新聞社)や、『環境CSR宣言—企業とNGO』(同文舘出版)、『ボーダレス化するCSR』(同文舘出版)等。

かねこ まみ
PRコンダクター

在学中より国際青年環境NGO、A SEED JAPANにて広報チームを立ち上げる。大学卒業後、PR会社に入社。飲食、生活用品、文具、出版、自動車、金融まで幅広い業界のPRコンサルティング、記者発表会の企画立案・運営実施など担当。その間広告代理店のPR部門に出向し、リスクマネジメントを中心に危機管理広報も担当。その後、テレビ局の海外向けニュース番組のマネジメント部署にて勤務。報道の制作現場をバックオフィスとしてサポートする経験を持つ。

たかはし あすか
PRコンダクター

在学中NPOの活動に取り組むなかでNPOの広報の重要性を感じたことから、大学卒業後PR会社に入社。生活家電、食品、ゲーム、健康機器、外資ソフトウェアなど、幅広い業界の広報経験をもつ。広報戦略立案やPRコンサルティング、報道資料の作成、メディアリレーションのほか、記者発表会の企画・運営、一般向けイベントや展示会なども担当。

おおもり のぶひろ
PRコンダクター

大手PR会社に4年間在籍し、スポーツメーカー、コンシューマーグッズ、製薬会社、ソフトウェア企業、富山県、ゴルフメーカーなどを担当。メディアリレーション、報道資料作成に加え、イベントや芸能イベントなども経験し、BtoCからBoB、社内広報まで幅広いPR支援を行う。その後、書店営業を柱とするプラットフォーム企画運営会社へ転職し、WEB/SNSプロモーション、DM・店頭ツールなどダイレクトコミュニケーション、PRやブランディングを担う。同社主催の女子プロゴルフトーナメントも担当。その後、フリーランスとして活動し、現職。

うしじま ようこ
クリエイティブコンダクター

大学卒業後、英国への芸術留学を経て、人材派遣や不動産を扱う企業にて勤務。役員アシスタントをはじめ、プロジェクトマネジメントや新規部署の立ち上げ、社内体制の構築など、包括的な業務経験を積み、現職。
幼少よりものごとの仕組みや現象への関心が高く、個人活動としても、全体性や自然の摂理をテーマとした創作活動を行う。近年、しずくが滴りながら、時間とともに変化していく作品シリーズを手掛けている。

ちば たかこ
クリエイティブコンダクター

大学卒業後、紙媒体・WEBの編集制作を行う制作会社に入社。生活協同組合の広報・広告を制作する部署に所属し、農・食をテーマに編集者・WEBコンテンツディレクターとして紙媒体・WEB・アプリのコンテンツ開発と制作を行う。2016年フリーランスとなり、和歌山県那智勝浦町色川地区に移住、地域PRパーソン、地域商社として活動を開始。同時期にひとしずく社に入社し、テレワークにて勤務。2017年より地域産品を使用した焼菓子「iroilo」の製造・販売を開始。

さとう りえこ
クリエイティブコンダクター

大学卒業後、大手玩具メーカーに6年間勤務し、マーケティングや広報を担当し、専業主婦に転身。育児と家事の合間に、雑貨工作、絵画、陶芸、書道の作品創作を行う。合同個展に参加する等の活動を展開。その後、当社にクリエイティブ・ディレクターとして入社。オフィスレイアウトや展示会のブース設計、インテリア・コーディネートを行う。子育て世代や母親を対象にした企画・立案等も担当。

エクベリ・聡子
サステナビリティ顧問

サステナブル経営・事業開発・人財育成支援において実績を持ち、産学官民のネットワーク運営や環境省環境人材育成コンソーシアムの企画、東北大学大学院の環境関連修士課程の開発、BOPビジネス企画支援などを経て、株式会社ワンプラネット・カフェ 代表取締役社長に就任。近年はSDGsを基礎としたサステナビリティ関連のコンサルティングのほか、ザンビアで廃棄されていたオーガニックバナナ繊維と日本の和紙技術を活かしたエシカル・バナナペーパー事業に注力。2016年このバナナペーパーは日本初の国際フェアトレード認証を取得。

ペオ・エクベリ
サステナビリティ顧問

スウェーデン出身。環境NGOのリーダー、環境ジャーナリストを経て、株式会社ワンプラネット・カフェ 取締役、サステナビリティプロデューサに就任。環境先進国スウェーデンのサステナビリティに関する知識をもとに、コンサルティングを行う。スウェーデンの視察ツアー企画や、テレビやラジオの環境番組出演・キャスターなども務める。2008年イギリスBBCのWEBページHeroで、アル・ゴア元アメリカ副大統領と並び環境リーダーの一人として紹介される。

社名ひとしずく株式会社
所在地本社:〒231-0003 横浜市中区北仲通3-33
関内オフィス:横浜市中区相生町2-52-304
東京オフィス:港区芝4-7-1 西山ビル4F
電話045 550 4141
FAX045 330 6853
メールinfo@hitoshizuku.co.jp
代表こくぼひろし
設立2016年4月
資本金3,000,000円
事業内容広報及びパブリックリレーションズ代理業
ソーシャルグッドプロジェクトの企画・制作・運営
顧問弁護士丁絢奈(よこはま第一法律事務所)
税務顧問元小出 悟(会計事務所ユニークス)
顧問社労士社会保険労務士法人ワーク・イノベーション